2015年02月18日

人間万事塞翁が馬

10-donkusamajyo-6.png

一見。不幸な出来事。
      ↓
ところがそれがきっかけで・・いいことにつながる

      ↓

やったー!!!!って思ってたら・・それがきっかけで・・

    ↓

不幸な出来事。

  ↓

ってまた・・それきっかけで・・超ラッキー風の出来事が・・

4-edoxtuko-7.png

ってかんじで

人間はこれを繰り返す・・ってことの意味です。

じゃーさー・・どうすれば・・いいさー?(沖縄風)。

そー・・だから・・人間は・・

目の前のことに・・誠実に生きるしか・・

手がないんよ。

不幸風の出来事にも・・受け入れて・・受け入れて・・

嫌だけど・・とても腹立たしい・・けど・・

なんで・・俺が・・ってむかつくけど・・

誠実に・・あほみたいに・・誠実に・・

ばかじゃねー・・って言われても・・

どんくさー・・スクワレン・・って言われても・・

ダマーって・・(黙る)・・誠実に・・

心こめて・・どうしようもないときは・・

流れ作業みたいに・・(ばれないように)

誠実に受け止めるんだよ。

そしたら・・かならず・・次は・・

それきっかけで・・いいことがやってくる・・必ず。

もし、来なかったら・・?

もし、来なかったら・・二回分・・悪いことの数だけ・・

想像を絶する・・気絶するぐらいの・・

幸運風な出来事が起こるのさ。100%。

だから、今、起こってる目の前の事象に誠実に向き合う。

ありがとう!って。

不幸風な出来事ありがとう!って。

これは、フランソアのパン屋さんの会長さんが

教えてくれたことです。

そんとき、私はこうなりました。3-haxsakuman-10.png

汝の敵は、汝なり。心こそ心惑わす心なり。心に心、心許すな。

どう?・・決まった?・・えっへん。(笑)。

posted by s.fujimoto at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

制限のなかでの仕事。制限があるから生まれるアイデア。

nihonbasi-edo.jpg

手拭いのデザインをする。

色は一色しか使えない・・という制限がある。

そこで、月と富士山をモチーフにしてくれと・・

クライアントの要望があった。

そのクライアントとは・・かれこれ十年以上の付き合い。

過去のイラスト・デザインは江戸風がほとんど。

まずは、「江戸」「富士山」で画像検索してみた。

ピンとこないものか、見飽きたものばかり・・

・・っと・・日本橋?・・

日本橋・江戸・富士山。

まぁ・・こういうのがヒントでさらに

画像検索する。

浮世絵ばかりでてくる。

しかも誰でも知ってる大家ばかり。

使えない。

そのなかに・・ふと、目に止まったのが・・

明治初期の白黒写真。

ぼけぼけ・・。

ただ、遠近感がリアル。

これを使おう。

しかし、月は夜。

月光冴えた夜にしよう。

国木田独歩さんの得意な世界にしてみよう。

「月光冴えに冴え、風潔し。」という得意のフレーズだ。

さっそく、メモ用紙でラフ。

バランス修正。

月光の当たるところと当たらないところを計算。

で、上のようなイラストになりました。

Illustrater で作成。

後は、手拭い屋さんがどこまで細部を再現できるか・・どうか。

それに合わせて・・細かいラインを太くしたりして妥協する。

で、メドがついてから・・クライアントに

見せるという・・段取り。

でも、でも、もし没になっても

和紙かなんかで・・出力してみようと

考えてます。

額表装すると、それなりに見えるかなと・・考えてます。

posted by s.fujimoto at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

長崎佐世保同級生殺人事件。幼児期をどう過ごしたのかを、分析しないとこんな事件は減らない。

4-edoxtuko-1.png

とりあえずの原因追及では、物事の解決になりません。

だれに責任があったか・・などと、やっててもこんな事件は減らない。

担当の先生や教育者・管理者は、それこそ欝になりそうに心配でしょう。

私は悪くないと呪文のように唱えてるんでしょう。

そして、はやく事件が沈静化することを

心から望んでいることでしょう。

マスコミよはやく忘れてくれー・・、俺の責任じゃないー・・。

と。

今日現在では児相が槍玉にあがっています。

それで、どうにか心の安静を保ちたいんでしょうが・・

それは、大きな間違いです。

責任を擦り付け合う大人達を見て・・

次のモンスターたちは・・薄ら笑ってます。

彼達、彼女たちを甘く見てはいけません。

次の主人公は私だと、より綿密に計画を練るでしょう。

もし、もしマトモな教育者がいたとしたら・・(絶対います)。

一過性の事件で片付けてはいけません。

長崎・佐世保だけの問題ではありません。

本質的な原因追及をしないといけないのです。

できるのは、教育者だけです。

それは大義名分があるからです。

少々の個人情報問題があっても、その理由を知れば・・

世間はだまります。

どうか、勇気を持って、教育担当の方々にはがんばってもらいたい。

結論は、犯人の幼児期を徹底的に調べることです。

もちろん、犯人の親にあって、説得をしなくてはいけません。

あなただけが悪いんじゃない、

あなたの子供さんに、たまたま悪い結果が出てしまっただけだと。

もし、この後の不幸を少しでも減らすために、

ルーツ解析・振り返りが必要なんだと。

深く根ざした・・親のあり方の問題なんだと。

完璧主義者・理想主義者が悪いとは言わないが・・

子供に、どう接するかですべては決まるんだと。

そうです。これは責任問題以上の道義責任が生じますが

だれかがやらないと・・連鎖していくんです。

犯人の女ん子は・・反省などしません。

今は、すっきりしてるでしょう。

父親への・・完璧な復讐なのですから。

継母なんかの問題じゃない・・と

彼女がわざわざ断言したので・・わかりました。

そんな低レベルの犯行と思われるのが・・

彼女のプライドに火をつけたのです。

うつ・ひきこもり・その他の暴力問題。

それらの原因は、すべて二歳〜三歳の幼児体験にあります。

心と身体は、人間が思ってるほど解明されてません。

どうか、長崎・佐世保に光輝く教育者・探求者が現れることを

祈っています。

かって大好きだった先生達に告ぐ。
posted by s.fujimoto at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

曲の紹介です。泣けます。なぜか。なぜだろう。

スタンド・バイ・ユア・マン:Stand by Your Man (歌詞)

Sometimes its hard to be a woman
Giving all your love to just one man
You’ll have bad times
And he’ll have good times
Doing things that you don’t understand
But if you love him you’ll forgive him
Even though he’s hard to understand
And if you love him
Oh be proud of him
‘Cause after all he’s just a man
Stand by your man
Give him two arms to cling to
And something warm to come to
When nights are cold and lonely
Stand by your man
And tell the world you love him
Keep giving all the love you can
Stand by your man
posted by s.fujimoto at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

五蘊皆空。ごうんかいくうー。

facebook-ebi-2014.jpg

般若心経のなかに出てくる熟語です。

ごーうんーかいくー・・って響きが気に入って・・

割とすぐに覚えたものです。

五蘊とは、

色:肉体のこと。

受:感受していく心の動き

想:何度も思い返しては囚われる想念のこと。

行:心の中に業を作り出していくこと。

識:分別したことの是非・善悪を認識する働きのこと。

受・想・行・識 の4つで心の全体を表しており、合わせて色心といい、五蘊とは

心と身体すべてを意味してる・・ということです。

それらすべてが・・空・・ということ。

なんか・・空っぽの人間じゃん・・なんて、最初思いましたが

空とは、あるものでもなく・・ないものでもない・・という意味なんだそうです。

あるか、ないかと思うのは・・すでに囚われの心が思ってる・・んだそうです。

要するに執着の心を捨てよ・・ということだと・・理解してます。

なかなか・・難しいですね。

日常生活でこの教えをどう考えたらいいか・・。

私は、まず「立場でものを言う」のは止めようと思いました。

立場で物を言うと・・大体、衝突します。

自分の属してるせこい組織、階級意識を守ろうとするからです。

自分の子供に対してもそうです。

親なんだから・・ここは言っとかないと・・なんて、やると大体衝突です。

なるべく人間として言わないと・・相手は聞いてくれないですね。

「だめな、親だけどね・・君のことが心配で心配でしょうがないんだ・・。」

から、はじめるべきです。

傷つきたくないから、自分を守ろうと必死になる・・のは、しょうがないこと

ですが、守りすぎると相手が傷つくのです。

相手と自分のあいだに境界線を貼ることが間違いなのかもしれません。

しかも、傷つく心とは・・いったい何なのでしょう。

できれば見せてほしい。でも、見れない。

それは過去に生じた心の変化。

そんなものを後生大事に掲げる・・額縁に入れたり記録に残したりして。

形のないものです。

プライドもそうですね。見栄もそうです。

みんな形がない。

だから、そういうめんどくさいモノは捨てなさい。

と、いうことなんじゃないかと・・勝手に理解してます。

出来る社長と思われたい。出来る部長と思われたい。優秀な新人と思われたい。
悲劇のヒロイン。頑張り屋。エリート。成功者。有名人。
大物。大人物。ベテラン。その道のプロ。知恵誇りの馬鹿。

私が尊敬する中国禅宗二祖・神光恵可(じんこうえか)(487年生まれ)さんは

当時の中国で一番の禅宗のトップであったにも・・かかわらず

普段は市井の市場でバイトして汗を流していました。

みんなはびっくりして、禅師のような偉い人が何やってんですかーって言ったら

「仕事に分け隔てはないんだ、俺はこれが好きなんだ・・。」って言ったそうです。

日本からその人に会いに行った空海さんもびっくりしたとか。

しかも恵可はひと目で空海さんの才能を見抜き、

あっさりと外国人の空海さんに大事なものをたくさん譲ってしまったとか。

「囚われてないなー」・・(はずさないねー・・みたいな言い方で)

かくありたい・・なーって私は思います。

五蘊皆空とは広目大目。五蘊皆空とは蟻の目と鳥の目を持つこと、蟻目鳥目。

不幸を受け入れ、幸運に有頂天にならない。

急に売上が落ちたから・・といって、人のせいにしない。

それはあなたが先を見通す力が不足していたから。

自分だけ有利なコネを貰おうと必死で自分をごまかしながら特別な会合に

無理に行かない。肝臓が弱るだけです。

そんな会合は立場が変わると・・だれも相手にしくれない。

政治が悪い、原発が悪い、確かに。じゃー、政党でも作ってやめさせよう。

だれでも参加し、立候補できる平和民主国家なんだから。

でも知ってるんですよみんな。政治家さんの大変さを。

やりたくない。だからまかせる。そいつらがインチキをする。怒る。

じゃーせめて、いい政治家を応援しよう。

どこにいるの?探しましょう。

みんなわかってる・・ほんとは。市民という立場でモノを言ってるだけ。

弱い一市民・・というのも・・ありふれた常識です。

パキスタンの15歳の少女は、タリバンに頭を撃たれながらも

世界に向けて、当たり前のことを主張しています。

国連が動いています。

って、大きな話になりましたが、そういうことです。

で、なんで伊勢海老かって・・・・・

別に・・食べたかった・・だけ・・です。失礼しました。
posted by s.fujimoto at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

無から生まれるもの、無だから生まれるもの。

2014-2-mono-harf.jpg

女性の表情で、いいなと思う瞬間。

それは大抵、こちらを意識してなくて無意識に生まれるもの・・

そういう時が多いような気がする。

街角ですれ違う瞬間。

何百人と人が視界に入ってくるが、

美しい人は、たくさんいる。

若いとか歳くってるとか・・関係ない。

子供がかわいいのは、意識してない無邪気さがあるから。

やたら、周りを意識してる着飾った人は・・

目を背けたくなる。

無意識、無邪気に表れた表情。

それはけして絵画用の静物的なものではなく、

その人の人生の一瞬、一コマ。

美しい、美しくない・・なんてのは観る側の主観にすぎない。

ただ、思えるのは、女性が自分自身で鏡を見て

美しいと思うのと・・男が美しいと

思うのとは・・若干ズレがある。

ようするに・・いい表情というやつ。

化粧も大事だろうが「いい表情」というのは

普段のココロモチだな。

身のこなし、立ち居振る舞い。

女性はこれが一番大事だと・・

娘には言ってきたが・・さて、どうなんだろう。

忘れてるだろうなー。
タグ:
posted by s.fujimoto at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

モノクロームの君へ。2014新作イラスト。大滝詠一氏追悼記念。

monocromw-girl-1-2014.jpg

今年はモノクロイラストを増やすつもり。

そのほかのイラストはフェイスブックにあります。見てください。

よろしく。
posted by s.fujimoto at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

全ての不幸は疑心暗鬼から始まる。

d99d0c95.jpg

全ての不幸の原因は疑心暗鬼かもしれない。

残念だが恋の話ではなく、

全てである。

ベトナム戦争は、アメリカとベトナムが疑心暗鬼状態になったかららしい。

戦争終結後、何十年とたってから

奇跡的にその戦争をおっぱじめた両国首脳が

会って話をしたらしい。

するとどうだろう、あれは一方的にヤンキーが仕掛けたと

思っていたが・・違う。

戦争を寸前で止める手立てはいくらでもあったらしい。

そのメッセージをアメリカはベトナムに何度も出したのだが

臆病者のアメリカは銃を向けてそんな話をしようとしたらしい。

聞くわけがない、そんなの。

銃じゃなくてミッキーマウスのぬいぐるみなんかを手にしてたら・・

ベトナムの首脳も聞く耳を持ってたかもしれないが・・

ベトナム沖に空母じゃ・・話にならない。

アメリカはベトナムが赤になったら・・東南アジアすべてが

赤になるという・・勝手な疑心暗鬼状態だったのだ。

赤は攻めてくる・・これがアメリカの疑心暗鬼。

そんなことはちっとも根拠のないネオコンのつくり話なのに。

でも、アメリカをばかにはできない。

日本もそうだったし。

人間もそういう曲(くせ)があるみたいだ。

そういう習性がそなわっている。

よく調べもしないで。

相手のことを風聞や根も葉もない噂で判断したら・・

それは不幸のはじまり。

それを「なんでも一まとめでくくる不幸習性。」という。

「彼の昨日を知っているからといって・・今日の彼を知ったということにはならない。」

普段、自分はどこまで疑心暗鬼してるか・・

考えてみると・・だいたいが
根も葉もないことだらけ。

起こりそうな問題をあらかじめシュミレーションしておくという

のは、戦術の基本だが、行き過ぎると・・大失敗する。

予測には正確な情報と大局観がないと正しい予測にはならない。

くれぐれも悪魔のようにでたらめな情報に惑わされないようにしたいものだ。

ね。
posted by s.fujimoto at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

七ヶ月もかかってしまった。

morinoseichi-2013.jpg

「迷い悩みの果てにたどりついた、森の聖地」

みたいなタイトル。

点描画に挑戦してみました。

一点は1ミリ以下の極小で。(笑)。

暇ならではの作品・・か(笑)。

でもこれでようやく・・この絵から開放される・・。

出来よりも・・完成できた喜びが大きい。

みたいな。
posted by s.fujimoto at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

合わない人とどう付き合うか?の解決策。鍵と鍵穴理論。

10204585-key-and-keyhole-on-white-background.jpg

どうも・・あの人とは合わない・・もうーいやんなる・・なんてことは

よくある。

でもなー・・昔は合ってたはず・・、いや、今でも合うときはある・・のに。

なんてことは・・だれにでもある。

ところが・・ある日、こんなことがあった。20130531-084404.jpg

ガチャガチャ・・いつも鍵がなかなか一発で合わない・・

あぁ・・イライラ・・急いでるのに・・イライラ・・。

と、そん時・・あることを思い出し・・あることをやってみた。

・・するとあら不思議・・一発で・・するっと!

その時、ひらめきました。

すべてはこれだ!・・と。

で、どうしたのか・・ということですが、

簡単なことです。

それは、

両手を添える。片手じゃなくて、両手でやる・・ということだったんです。

すべては、これなんです。

片手で対応してたんです。

もう、慣れてるとか、解ってるはずだとか・・いろいろ・・

横着かまして、片手で簡単にやろうとしてるんです。

鍵と鍵穴、冷蔵庫用の麦茶入れ(約2リットルぐらいの)のキャップが

ちゃんと閉まってなくて・・冷蔵庫がびちゃびちゃになってたりの・・

原因はこれだったんです。(例えが難しくねえか・・)

いつもの玄関の鍵閉めも両手でやると・・なぜかするっと・・簡単に。

ここで・・大いなる飛躍ですが・・

人間関係もこれだと。

片手でその方と接してませんか?

両手を添えて・・感覚で接してみましょう!

すると・・あら・・不思議。

という・・ブログにかくほどでもない内容でしたが・・

長読ありがとうございました。

この理論の効果のほどをお知らせください。楽しみにしてます。では。

posted by s.fujimoto at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。